MENU

診療案内

雲

雲

蝶

花

medical診療案内

内科

内科

内科は頻度の多い循環器、消化器、呼吸器疾患の他、膠原病、神経、腎臓、血液、内分泌疾患まで幅広く対応する診療科目です。代表的な内科の疾患の詳細については、下をクリックしてください。

呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科はからだの中で空気の通り道(気道)である鼻、のど、気管・気管支、肺を専門にする分野です。関わる疾患は、①かぜや気管支炎、肺炎といった感染症、②咳喘息や気管支喘息といったアレルギー疾患、③タバコが主な原因のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、④肺から発生した悪性腫瘍である肺がん、⑤特殊な病気である間質性肺炎などのびまん性肺疾患、など多岐に渡ります。これらに幅広い知識を持ち治療に当たるのが呼吸器内科です。

アレルギー内科

アレルギー内科

アレルギーとは特定のアレルギーを引き起こす異物(アレルゲン)に対して免疫が過剰に反応し体を害することをいいます。花粉によりアレルギーを起こす花粉症で命を落とすことはありませんが、時にアレルギーは食物アレルギーや蜂毒など、いくつかの臓器にアレルギー症状が引き起こり、ショックから生命に危険が及ぶことさえあります。これらのアレルギーに対する治療を行うのがアレルギー内科です。

健診・予防接種

健診・予防接種

当院では各種予防接種・健康診断(定期健康診断、特定健診(特定健康診査))を行っております。事前に予約が必要になります。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の成分量が減少し骨の組織構造に異常をきたすために骨の強度が失われ、骨折の危険性が増す病気です。
あまり知られていませんが、実は本邦における40歳以上の骨粗鬆症の有病率は男性12.4%、女性26.5%で、日本の患者数は1,280万人にものぼると推定されています。骨粗鬆症の原因としては、加齢や閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少、カルシウム、ビタミンD、Kの不足や生活習慣病など様々な要因が挙げられます。