MENU

呼吸器内科

雲

雲

蝶

花

Respiratory medicine呼吸器内科

咳

咳は最も一般的に見られる呼吸器症状であり、気道の内部に入った異物を排除しようとする体の防御反応です。このため本来の防御機能を止めてしまうのは良くないという意見もあります。ただ咳を100回すると200Kcalほどカロリーを消耗すると言われており、このレベルは30分のジョギングに匹敵するほどです。よって咳の治療は、まず咳の根本的な原因を治療することと、長引く症状を抑えて苦痛なく普段の生活が送れるようにすることが目的となります。
咳はその持続期間によって3週間未満の急性、4〜8週間未満の遷延性、8週間以上の慢性に分けられ、急性のものほど感染症の頻度が高くなり、慢性のものでは感染症は稀です。日本人で咳の原因として最も多いのは咳喘息/気管支喘息で、そのほか感染後の咳、アレルギーを基盤にした咳(アトピー咳嗽)や胃食道逆流症といった呼吸器以外の病気などでも咳が続くことがあります。また、ウイルス感染やマイコプラズマ、結核といった人にうつるもの、肺がんのような悪性疾患、気管支喘息といった成人では生涯続く疾患など、咳の原因はとても多様なため、しっかり鑑別をして治療に当たることが重要です。当院では痰の検査、血液検査、肺の機能の検査、画像検査など咳の原因を探る検査が充実しています。長引く辛い咳でお悩みの方は是非ご相談ください。

現在、新型コロナウイルス感染が広がるなか、喘息や花粉症などで咳き込むと居心地の悪い思いをすることもあります。当院では喘息バッジ、花粉症バッジをご用意しています。ご希望の患者様はお声掛けください。

肺結核

肺結核は結核菌によって発症する呼吸器感染症のひとつです。結核菌はとても強い感染力を持ち、結核患者様がせきやくしゃみをすると結核菌が空気中に排出され、近くにいる人がその結核菌を吸い込むことで感染します。あまり知られていませんが、現在世界人口の1/3もの人が結核菌に感染していると言われています。ただ、結核菌を吸い込んで感染したとしても、すべての人が発症するわけではありません。約90%の人は抵抗力を持っており、白血球(マクロファージやリンパ球)によって結核菌を殺したり、結核菌を閉じ込めたりして発症を防いでいます。しかし発症を予防した後も、結核菌の一部は肺のどこかで眠ったまま生き続けています。ほとんどの人が菌が眠ったままの状態で亡くなるまで経過しますが、高齢になったり、他の病気で免疫力が低下したりすると、目を覚まして暴れ出し、結核を発症させることがあります。本邦では戦後、結核は国民病として成人の8割以上が体の中に結核菌を持っていました。現在、毎年およそ17,000人弱の日本人が結核を発症していますが、このうち71%を60歳以上が占め、特に3人に1人以上が80歳以上です。これはかつて結核が蔓延していた時代に結核に感染した方々が高齢となってから発病しているためです。

結核の検査は、まず痰の検査を一般的には3回以上行います。また最近では血液検査によっても結核感染の有無を調べることができます。肺結核についてはレントゲンやCT検査など画像検査で初めて発見されるケースもあります。

結核の治療は効き方の異なる抗結核薬を通常は3〜4種類、半年から9カ月ほど内服します。菌を空気中に排出(排菌)している状態では、結核専門病院への入院が必要になります。排菌がない場合は外来通院治療が可能です。定期的に受診し、きちんと内服が継続できているか保健所や医師と緊密に連携して確認していく必要があります。治療終了後も2年間は通院し、結核の再発がないか確認をしていきます。