MENU

アレルギー内科

雲

雲

蝶

花

Respiratory internal medicineアレルギー内科

花粉症

花粉症

花粉症とは、花粉が目や鼻から体内に入り込んで引き起こすアレルギー反応です。アレルギーとは特定のアレルギーを引き起こす異物(アレルゲン)に対して免疫が過剰に反応し体を害することをいいます。原因となる花粉としてよく知られているスギ、ヒノキ以外に、イネ、ヨモギ、ブタクサ、カモガヤなど多岐にわたります。花粉の飛散時期はその種類により異なり、スギは2~3月、ヒノキは4~5月頃に頃飛散します。スギ花粉症を持っている日本人の約6割がヒノキ花粉症を持っているとも言われており、春の花粉症が長く続く人はおそらく両方の花粉症を持っていると思われます。

花粉が体内に入り込むと、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みや涙などが出現します。原因物質の特定の為に、特異的IgE抗体測定、鼻粘膜誘発テストや皮膚の反応をみるプリックテストなどが行われます。
花粉症対策としては、飛散時期に合わせたマスクや眼鏡の着用、外出から帰宅した時の手洗いや服に付着した花粉のはたき落とし、などが一般的です。各症状に対する治療法については以下に示します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られます。その原因や悪化要因は多種にわたります。主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

症状コントロールのポイントは、早くしっかりと炎症を抑えることと、悪化を防ぐスキンケアが重要です。皮膚の炎症が続くとそれに伴ってかゆみも持続し、さらに引っかいてしまうことにより炎症が悪化し、バリア機能もさらに低下します。そのため、外からの刺激をますます受けやすい状態になります。この悪循環を食い止めるためには、まずできるだけ早くしっかりと炎症を抑えること、そしてうるおいを保つスキンケア、さらに皮膚への刺激を減らすことが症状コントロールのポイントとなります。炎症に対しては抗炎症効果のある薬剤、例えばステロイド外用薬やタクロリムス軟膏で治します。そして同時に刺激やアレルギーをおこしている外因を検査しこれを除去します。スキンケアでは、お肌を清潔に保つための洗浄と、皮膚のうるおいを保つための保湿を行います。これらを正しく行い、低下している皮膚のバリア機能をしっかりと保持しましょう。