MENU

脂質異常症

雲

雲

蝶

花

Dyslipidemia脂質異常症

脂質異常症

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、HDLは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがあるため、LDLを減らすことに役立っています。以前は血液中にLDLや中性脂肪が増え動脈硬化のリスクになる状態を「高脂血症」と呼んでいました。しかし、HDLが少なすぎても同じように危険な状態なので、2007年に(1)LDLの値が高い、(2)中性脂肪の値が高い、(3)HDLの値が低い状態をまとめて「脂質異常症」に名称が変更されました。脂質異常症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。近年、ライフスタイルの欧米化が進み、脂質異常症と診断される人が増えてきました。

脂質異常症は、それだけでは特に症状はありませんが、血管の中で静かに動脈硬化と呼ばれる変化が起こります。動脈硬化が進行すると全身の動脈が硬くなり、血圧が上がったり、次第に血管の内側が狭くなって血液が詰まりやすくなったります。心臓の血管が詰まると急性心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞になり生命を脅かします。

脂質異常症の治療の目的は、そのような合併症を起こさないようにすることにあります。治療としては、食事療法・運動療法・薬物療法が中心となります。とりわけ、中性脂肪の値が高い場合や、HDLの値が低い場合は、食事療法・運動療法である程度の改善が期待できます。しかしそれで十分ではない場合には、薬物療法の適応となります。一方、LDLの値が高い場合、コレステロールは食事から体に取り込まれる以外に、肝臓など体内で合成されるケースも多いため、食事療法で改善しないこともあり、その際は、薬物療法が必須となります。
増え続ける脂質異常症はやっかいな病気です。最初は数値の異常でしかないのですが、症状のないうちに全身の動脈がむしばまれ、動脈硬化が進みやがて症状が出たときには遅いのです。症状がないうちから予防、治療を始め、生涯続けられるよう、まずは生活習慣の工夫から始めてみてください。