MENU

骨粗鬆症

雲

雲

蝶

花

Osteoporosis骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の成分量が減少し骨の組織構造に異常をきたすために骨の強度が失われ、骨折の危険性が増す病気です。
あまり知られていませんが、実は本邦における40歳以上の骨粗鬆症の有病率は男性12.4%、女性26.5%で、日本の患者数は1,280万人にものぼると推定されています。骨粗鬆症の原因としては、加齢や閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少、カルシウム、ビタミンD、Kの不足や生活習慣病など様々な要因が挙げられます。

生活習慣病と骨粗鬆症とは密接な関係があり、特にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は骨粗鬆症の最大の危険因子と言われています。また糖尿病や慢性腎臓病においても、早期から骨折リスクが上昇することが示されています。さらに骨粗鬆症は単に骨折により生活機能を低下させるだけでなく、死亡率の有意な上昇も認められています。

骨粗鬆症の治療の目的は、骨密度の低下を抑え骨折を防ぐことにあります。食事療法、運動療法に、必要があれば薬物療法を行い、骨密度を高めていくことが重要です。さらに近年骨粗鬆症における薬物療法の発展は目覚ましく、現在は毎日飲む内服薬から6カ月に1度の注射薬など適応に応じ様々な薬剤が登場しています。骨粗鬆症の診断から治療まで、ご不明な点はぜひ当院にお問い合わせください。